2003年11月30日

第36回研究会 津田ホール

特別講演「生命維持装置から生命維持食へ」・・食研究家 井村睦明講師
会員発表「High pull head gearを使っての治験例」・・大木歯科医院 大木勝生先生
会員発表「叢生を伴った歯槽性上顎前突の治験例その後」・・吉田歯科・矯正歯科医院 吉田英一先生
会員発表「下顎の狭窄を伴ったHigh angleの骨格性上顎前突症例経過発表」「叢生を伴った歯槽性上下顎前突症例経過発表」・・竹内歯科医院 竹内信彦先生
「Two stage systemのポイント 50症例のENDを考察」・・ソフィア歯列矯正歯科医院 島本和則
posted by moomin at 00:40 | TrackBack(0) | 研究会記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105901889

この記事へのトラックバック